Webデザイナーなら使う機器にこだわろう マウス編 その1

こんにちは!こんぶ饅頭です。

WEBデザイナーもパソコンを使う職業ですから、機器にこだわりたいということで
まず機器の1つとしてマウスにこだわりたいと思います。
こだわりといってもこだわる点は今回は下記の1点に絞ろうと思います。

1.マウスのサイズ
手で使うものですからフィットしたいものを使用したいと思うのは当然ですよね!
ただフィットすると言っても手のサイズに対して、かならずしもおさまるだけが
フィット感と言えないのではないでしょうか?
そこで現在のマウスはどの程度のサイズの種類があるのかを調べてみました。
とあるメーカーのマウスのサイズ比較表では大・中・小とサイズわけがされており
一応縦の長さが100mmを基準にサイズを決めているようです。

100mmは10cmだから、人差し指から付け根ぐらいと考えると、
人差し指を立ててみてこんなもんかとみてもらいたいがどうだろう?
手のひらで使うよりも指で使うと考えると人差し指にフィットする感覚というのは
なんとなく理解できるような気がする。と物差しで測ってかつ、今自分が使っている
マウスに指を置いてみて実感した。
指の長さとは書いたけど、指は曲げて使うものだからストレートに100mmを
置くわけではなくクリックする部分、そして最近だとホイールの部分なんかも考えると
指の長さだけではなく、いかにマウスが使いやすいかがサイズを選ぶうえで
ポイントになるんじゃないかなと思う。基本的には人差し指で左、中指で
右クリック、ホイールは自分の場合は人差し指だけど、
人差し指派のほうが多いんだろうか?それなら、人差し指を基本にフィットしたマウスを
使うというのがいいのではないかと思う。
かといって、指のサイズだけでマウスのサイズが決まるかというとそんな感じでもない。
マウスは長さもあるが、厚みもあるのだ。ぺったんこなものからすごくごついものまで、
もちろん小型サイズでごついと言ったサイズはないが、大きいものになればなるほど
厚みがあるものも増えてくる人の手のひら、指の大きさがまちまちなように
それに合わせてちゃんとマウスも長さ、厚みとそろえられていることがわかる。
実際に店舗に行ってみればわかるが、マウスコーナーは本当にびっしりとならんでいる。
それだけ個人に対して対応している機器であるともいえる。
余談だが、それだけに1つ1つの癖が強く。さわれるのなら実際に実機を
触ってみてからの購入をお勧めする。
自分の手のひらが大きいから大きいサイズ、と単純にいかないことがわかる。
何台も試してみてフィットした時の感覚は何とも言えないものがあるから、
高いゲーミングマウスなどでなければ、ある程度のものを何個か買って
自分に合うマウスを探してみることをお勧めします。
自分に合ったマウスは、作業効率を格段に上げてくれるし、パソコンの作業中も
マウスへの動作がスムーズになること、そしてストレスを感じないことは
作業するうえでは重要です。

とくにマウスとキーボードは作業するうえでは触る時間が
多い機器なのだから自分にぴったりのマウスを探して少しでもストレスを減らし、
快適にWebデザイナーとしてクリエイティブに働きましょう!

スポンサーリンク