0-2.こだわらなくてもいい! ~仕事道具にこだわろうよ!序章~

こんにちわ!こんぶ饅頭です。

こだわろうシリーズはキーボード、
マウスを書きましたが、
再度書き直しという意味も込めて
まずは序章から書いています。
下手な文章ではありますが、
リライトされてどう変わるかを
楽しんでもらえると幸いです。
それでは序章その2に行きたいと思います。

その1ではこだわろうといいながら、
その2ではこだわらなくてもいいとは、
なんでですか?といわれそうですが。
これには一応理由があります、まずはじめに
会社によっては支給されパソコンから設定にいたるまで
触れないものを支給される可能性がある。
これが一番の理由ではないでしょうか、
会社支給のパソコンは大企業であればあるほど
リース品であったりして、
数年の縛りがあったり、
下手な拡張なんかはご法度だったりします。
そもそもメモリ増設すらだめってのがリースなら
普通科と思います。

こだわれないから何もできなかというと、
経験談になるのですが、マウス、キーボードは自前って人も
結構いました。
猛者になるとデュアルディスプレイのために、
グラフィックカードを差し替えてる人もいました。
リースのオンボードを無理くりデュアルにするなんて
よくやるもんだと思いました。

さて、こだわれない環境でこだわる人の話をしましたが、
こだわらなくてもいいがお題でしたね。
そう、こだわらなくてもいいんです。
渡されたPCだからこだわれないから、こだわらないってのも別にいいし。
こだわれる環境だからと言って無理に変なこだわりをもって
PCを触ったり付属品をつける必要なんてないんです。
だからあえて言います、こだわる必要なんてないんです。
だからと言ってこだわるなとはいいません。
こだわってもよし、こだわらなくてもよしだということが
伝えたかったんです。
外見ばっかり書いてるなぁ、ソフトとか
中身に触れないなんて少し手抜きじゃないか?
と思うかもしれませんがそれはまたいずれか
書いていきたいと思います。
こだわりは人それぞれですからね!

それでもこだわりたい場合はこだわれる方法を探してこだわりましょうね。
間違ってもリースだったり会社の備品を変にしちゃわないようにしましょうね。

それではまた次回!

スポンサーリンク