気持ちが滅入ったときに試してみてほしい3つのこと

こんにちは!もちぽんです。

社会人生活も苦節10年の大台に乗りそうな今日この頃・・・。
日に日に暑くなる気温に置いてきぼりを食らっております・・・。
新社会人の皆様は、ようやく会社になれてこられたころでしょうか。

仕事をしていると、どうしても落ち込むこと、ありますよね。
上司から怒られたり、クライアントから怒られたり、自分が失敗してしまったり・・・
今回は、そんなお仕事をする上で気分が滅入った時の対処方法について
私が行っていることをご紹介します!

スポンサーリンク

1)とりあえず、社内から出る


怒られたり、落ち込んだりするとどうしても正常に判断できなくなったりします。
大体私はワナワナ体が震えたり、泣き出しそうになります。子どもみたいですが(´・ω・`)
そんなときは、一旦オフィスから出ることにしています。
外まで出れない人は、トイレでも構わないと思います。
一旦オフィスからでて、気分を落ち着けるといろんなことが見えてきたりします。
オフィスからでれば自由。泣き叫ぼうがヘッドバンギングで激しく踊り狂おうが自由なのです…。
なんとか心を平静に保つのです…。
 

2)反省はする、だけど自分を過剰に責めない


少し気持ちが落ち着いてくると、どうしても「どうしてこうできなかったんだ」
「もっとこうしておけば・・・」という気持ちが出てきて、自分を責めがちです。
ここで重要なのは、「反省」と「自分を責める」ことは似て非なるもの、ということです。
「反省」は次に生かせますが、「自分を責める」は、責めるだけ、プラスになる物があまりありません。
「ここはこうすればよかった、次からはこうしよう!」とプラスに考えるようにして
「もういやだ!私が全部悪いんだ!」と、自分を過剰に責めるのはやめちゃいましょう。

 

3)気持ちを切り替えよう


いやなことがあると、ずっと気持ちを引きずってしまいがちです。
ですが、そこは意識してでも気持ちを良い方向にもって行きましょう。
一日泣いたり、落ち込んだら、翌日はサッパリした気持ちで会社に行きましょう!
どうしてもしんどいときは、1日お休みを取ってリフレッシュしてもいいと思います!

 

いかがでしたでしょうか。
私は机周りに小物を置いたりして、できるだけ気持ちが落ち込まないように工夫していたりします。
イライラしたらスマホの猫画像を見て、ささくれ立った心を癒したり・・・
現代社会はストレス社会といいます。どうしても落ち込んだり、しんどくなることもあると思いますが
工夫でどうにか乗り越えて行きましょう!

スポンサーリンク