つらい腰痛にならない為にはどうすればいいのか?

 

皆さんこんにちは。

 

がんたんくでございます。

 

デスクワークにおいて、ほとんどの人が腰痛に悩んでいるかと思います。

 

私も毎日PCに向かい業務に勤しんでいますが、最近腰痛が気になり始めてきました。

 

明らかに姿勢がよくないのはわかっているのですが、なかなか姿勢を正して作業するというのができず、日々もんもんとしております。

 

しかし、このままではいけません。

 

腰痛はほっとくと、かの有名なヘルニアになったりもしますので、何とか対策を打たねばなりません。

 

取りあえず、解決法はないかとネットの海へ飛び込みましたが、結構色々あるもんですね。

 

そこで、今回は腰痛改善の為の解決法の一つとして、腰痛に効くストレッチについて調べてみました。

 

なぜ、ストレッチかと言うと、筋肉ほぐせばなんとかなるんじゃね?という単純思考からです。

 

ここで、調べた事が皆さんの役に立てばうれしいです。

 

スポンサーリンク

 

なぜ腰痛は起こるのか?

 

そもそも、座りっぱなしでなんで腰が痛くなるんでしょうか。

 

重労働をしているならまだしも、ただ座っているだけなのになぜなんでしょうか?

 

という事で、まずは腰痛のメカニズムから調べていくことにしました。

 

【腰痛の原因その1】腰に負担のかかる姿勢

 

猫背

 

背中を丸くして前かがみになりがちの人が多いんじゃないでしょうか。

 

いわゆる猫背ってやつです。

 

本来首の骨はS字型になっていて、この型が頭を支える形になっています。

 

前かがみの姿勢になると首の骨がまっすぐになり、頭を正しい位置で支えられない為、腰への負担が大きくなってしまうのです。

 

下腹が前に出ている姿勢

 

悪い姿勢は猫背だけではありません。

 

下腹が前に出ている姿勢も腰に負担をかけてしまいます。

 

また、このような姿勢は重心が後ろにかかっているので、腰だけでなく膝も悪くする可能性もあります。

 

反り腰

 

肩が後にきて、胸が前に出ている状態です。

 

一見姿勢がよさそうに見えますが、背骨が不自然なカーブを描いているので、実は腰に負担がかかってしまう姿勢なんだそうです。

 

【腰痛の原因その2】長時間同じ姿勢で且つ運動不足

 

長時間同じ姿勢でいると筋肉は硬くなってしまいます。

 

さらに運動不足も加わると椎間板や腰まわりを支える筋肉が衰えてしまい、腰にかかる負担が大きくなってしまいます。

 

また、運動不足は血行を悪くしてしまいますので、脂肪がつきやすくなり、体重が増えて、腰への負担がさらに大きくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

腰痛に効くストレッチ

 

腰痛は放っておくと、大変な事になりますので、こまめにケアしておきたいですよね。

 

そこで、運動不足も多少は改善できるストレッチをいくつかご紹介したいと思います。

 

椅子に座ってできるストレッチなので、ちょっとした仕事の合間等にどうぞ

 

背中を丸めて伸ばす

 

椅子に座った状態で、背中を丸めて伸ばすストレッチです。

 

やり方はこちら↓

  1. 背中を前にゆっくりと丸める
  2. 背中を後ろにゆっくりと反らせる(限界まで)
  3. 1と2を10回ほど繰り返し
  4. 腰に手を当て、背骨のでっぱりが出てくるちょっと手前まで背中を反らし、そのまま仕事再開。
  5. 背中が丸まってきたら1から4まで再度ストレッチを行う

なるべく意識してゆっくりするのがポイントです。

 

体をひねる

 

椅子の背もたれを利用して体をひねるストレッチです。

 

やり方はこちら↓

  1. 椅子に浅く腰掛けて、足は肩幅に開く
  2. 両手、または片手で背もたれをつかむ
  3. 息を吐きながら上半身をひねって10~20秒程キープする
  4. 反対側も同じようにひねる

 

前後、左右、ひねりを加えたストレッチ

 

前後、左右の曲げと、ひねりを混ぜたストレッチです。

 

全体通して1~2分程できます。

 

腰が重いと感じたら、休憩してこのストレッチをして、腰をほぐしていきましょう。

 

やり方はこちら↓

  1. 背筋を伸ばして、腕を頭の後ろで組む
  2. 息を吐きながら、おへそを見るようにして背中を丸める
  3. 息を吐きながら背中をゆっくり反らしていく
  4. 1の姿勢に戻って、息を吐きながら上体を右にゆっくり倒す
  5. 息を吐きながら、今度は体を左にゆっくり倒す
  6. 1の姿勢に戻って、自分の真後ろを見るような感じで体をゆっくりひねる
  7. 6とは逆方向に体をゆっくりひねる

 

これを1セットとして、なるべくであれば一日3セットしていきましょう。

 

今回紹介したストレッチをしていましたが、結構気持ちいので、是非試してみてください。

 

何度も言うように、腰痛は放っておくと、最悪立てなくなったりしますので、日々のケアはなるべくしておきましょう。

 

できれば、お肌のケアと同レベルと考えていただきたいところです。

 

今回はこの辺で。またお会いしましょう~!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
がんたんく

がんたんく

はじめまして、日々の体重増加に歯止めがかからない生意気三十路のがんたんくと申します。 ここでは自分の気になること、知りたいことを随時書きとめていきたいとおもっております。 もし皆さんのお役に立てるようなことがあれば、喜びの極みにございます。