猫を飼う人におすすめしたいペット保険のこと

こんにちは!もちぽんです。
うちはマンションなのですが、猫を3匹(雑種)飼っています。
仕事に疲れた時などは最高の癒しなのですが、やっぱり生き物ですので
それなりにお金がかかります…。
人間と同じですが、年齢を重ねれば重ねるほど病気のリスクは
増していきますので生涯をともにする同居人達には快適な生活を
与えてあげたいものですね。

そこで、今回はちょっと知っておいていただきたいペット保険のお話です。

スポンサーリンク

★いつ入るべきなのか

お恥ずかしい話なのですが、私が新卒~第二新卒と言われていた遠い時代には
自分のお給料が安すぎてペット保険に入れませんでした。
なので、うちの猫たちは一番下が4歳、他2匹が6歳ぐらいのころからペット保険に加入を開始しました。
もちぽん家が入っている保険は、3匹全頭年払いで15万くらいです。
一番良いのは生まれたときに入るのが一番いいとは思うのですが、
病気のリスクが上がる3~6歳ぐらいの間には遅くとも入っておきたいですね。
(加入時の保険料もあがっちゃいますしね…。)

 

★保険料って高いの??

保険料が高い!と思われるかもしれませんが、
保険適用のものは70%負担してくれますので、気軽に病院に行けます。
年に3,4回病院に行くだけで保険料は回収できるぐらいの費用感だと思います。
※例えば、年5回病院に連れて行ったとして、一回にかかったお金が平均
15,000円程度だったとすると、
保険に入っていない場合は75,000円かかります。
保険に入っていた場合は、一回3割負担とすると5,000円なので20,000円です。
健常な猫ちゃんでも、年数回病院に行かれる方は、ちょっとの負担で
病院に連れていけることになりますね!

…正直診察代金は10割負担だとかーなーりー高額になります…!
清算の時に、ヒャッ!となることもありますよね。
レントゲンを撮るだけで1万円を越えることもままあります。
それが3割負担になれば病院にも行きやすくなるのではないかなぁ、と思っています。
いろんなプランがありますから、料金やライフスタイルを考慮し、
自分に合ったプランを選択するのがベストと思います!

 

★保険打ち切られたりしたらどうするの?

この問題、今話題になっていますよね。
よく、大病を患って保険を使っていたら保険から外されたというものです。

もちぽん家だけでいうと、今のところそういったことはありません。
ですが、1匹昨年大手術を2回したのと、腎臓病を患ったこともあり
昨年はその子だけでも、実際の保険が効いた後の負担額は40万円くらいでした。
(保険が効かなかったら120万くらいだと思います。)
今も週1、2回病院に連れて行っています。

そういったこともあり、今年は保険料は上がってしまったのですが
実際の恩恵を考えると、多少上がってしまってもそんなに問題はありません。

では、打ち切られたら…という不安なのですが
これは、正直考え方によるとは思います。
私は打ち切られてしまっても、今までの恩恵を考えると
絶対に入っておいたほうがよいと思っています。

 

いかがでしたでしょうか。
あればいざという時に慌てなくてもいいかもしれません。
転ばぬ先の杖といいいますし、ぜひ一度考えてみてください!

 

スポンサーリンク